メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

古典落語を題材に人情喜劇 山田洋次監督、立川志らくさん

 「人間の駄目な部分を温かく表現するのが喜劇の演技。けれども作り手が観客と同じような生きるつらさを共有していなければ、気持ちよく笑ってもらうことは難しい」と話すのは山田洋次監督(85)=写真左。劇団「前進座」との初仕事として、新作の戯曲「裏長屋騒動記」を完成させた。11~22日、東京の国立劇場で上演される。

 古典落語の「らくだ」と「井戸の茶碗(ちゃわん)」を重ね合わせた人情喜劇。父は元満鉄社員で、中国の大…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです