メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

古典落語を題材に人情喜劇 山田洋次監督、立川志らくさん

 「人間の駄目な部分を温かく表現するのが喜劇の演技。けれども作り手が観客と同じような生きるつらさを共有していなければ、気持ちよく笑ってもらうことは難しい」と話すのは山田洋次監督(85)=写真左。劇団「前進座」との初仕事として、新作の戯曲「裏長屋騒動記」を完成させた。11~22日、東京の国立劇場で上演される。

 古典落語の「らくだ」と「井戸の茶碗(ちゃわん)」を重ね合わせた人情喜劇。父は元満鉄社員で、中国の大…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです