連載

伝えたい

毎日新聞デジタルの「伝えたい」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

伝えたい

那須雪崩事故/11止 教訓後世へ 長野の教諭・西牧岳哉さん(52) /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
栃木の事故について話し合う西牧さん(右端)ら28年前の雪崩事故の裁判を支援したメンバーら=長野県松本市で
栃木の事故について話し合う西牧さん(右端)ら28年前の雪崩事故の裁判を支援したメンバーら=長野県松本市で

親友の死、生かされず 登山専門部一任、再考を

 28年前の3月、長野県白馬村のスキー場近くで、親友だった高校教諭の酒井耕(こう)君(当時24歳)が雪崩に巻き込まれ、亡くなりました。私は事故の原因究明が不可欠だと感じ、何度も現場に足を運び、検証活動を支援してきました。

 事故の再発防止を願ってきましたが、今回の栃木と長野の事故はあまりにも類似点が多い。教訓が生かされず、怒りが込み上げました。「またか」と。

 栃木も長野も、行政側が主催した講習会や研修会中に事故が起きましたが、類似点はいくつもあります。天候の悪化により当日に訓練内容を変更したこと、(ラッセルのように雪をかき分けて進む)輪かんじき訓練を5班に分かれて行ったこと、ベテランとされる顧問教諭が講師を務めたこと、スキー場近くで事故が起きたこと、前日から一気に雪が積もって表層雪崩が起きたこと、3月の開催だったこと……。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1234文字)

あわせて読みたい

注目の特集