メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/3 さいたま市在住 団体職員・中野さん(27) /埼玉

埼玉県が主催したLGBTへの理解を深めるための講演会には、LGBTの当事者も参加した=2017年2月25日、鴇沢哲雄撮影

多様性学べる教科書を 悩む子たちに伝えたい

 東京都内のビル2階にある部屋のドアを開けると、パーテーションで仕切られた一角に、団体職員として勤務するさいたま市在住の中野さん(27)の仕事場があった。小さなテーブルと椅子だけのオープンスペースでインタビューに応じた中野さんは、周囲を気にするふうもなかった。中野さんのジェンダー(社会的・心理的性別)について仲間が理解しているためだ。

 中野さんは大学でジェンダーを学んだことで、子どものころの体験の持つ意味を、今は自分なりに客観的に解…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  5. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです