メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 戦後72年、女性は自由になった。とはいえ「男女共同参画」が叫ばれるほど、いまだ女性の社会参加には困難な道がある。メフィスト賞受賞のデビュー作、宮西真冬さんの『誰かが見ている』(講談社)は、そんな社会の一端を描く。

 登場するのは、不妊治療の末授かった我が子が可愛くない千夏子、子どもがほしいのにセックスレスの結子ら5人の女性たち。誰もが仕事と結婚、妊娠について問題を抱える。仕事を続けながら出産、子育てすることに職場とも夫とも折り合いがつかない。友だちづきあいもぎくしゃくし、ネットの悪意にもさらされ、追いつめられて、やがて千夏子の子どもがいなくなる--。同賞では珍しいテーマを扱った作品だ。

 登場人物たちはいずれも自信がなく、傷ついている。はたから見ればさっそうとして、幸せそうであるにもか…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文845文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]