メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 戦後72年、女性は自由になった。とはいえ「男女共同参画」が叫ばれるほど、いまだ女性の社会参加には困難な道がある。メフィスト賞受賞のデビュー作、宮西真冬さんの『誰かが見ている』(講談社)は、そんな社会の一端を描く。

 登場するのは、不妊治療の末授かった我が子が可愛くない千夏子、子どもがほしいのにセックスレスの結子ら5人の女性たち。誰もが仕事と結婚、妊娠について問題を抱える。仕事を続けながら出産、子育てすることに職場とも夫とも折り合いがつかない。友だちづきあいもぎくしゃくし、ネットの悪意にもさらされ、追いつめられて、やがて千夏子の子どもがいなくなる--。同賞では珍しいテーマを扱った作品だ。

 登場人物たちはいずれも自信がなく、傷ついている。はたから見ればさっそうとして、幸せそうであるにもか…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです