メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆反対

必要だが、修正不可欠 弁護士・早川忠孝氏(71)

 「共謀罪」は必要だと思う。国境を越えた組織犯罪に対応する「国際組織犯罪防止条約」の締結には国内法整備が不可欠、と外務省が指摘するからだ。ただ、277の対象犯罪を掲げた今回の法案は賛成できない。

 私が事務局長を務めた自民党法務部会の小委員会は2007年、当時政府が出していた法案を修正し、対象犯罪を100台に絞った。法務省も外務省も反対しなかった。そこから議論を始めるべきではないか。

 「共謀罪」法案は内心が処罰対象となるので、暴力団やテロ組織の摘発に役立つだろう。一方で捜査機関が「…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです