メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

Googleはただの検索エンジンではない! 意外と知らない役立ち機能3選(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

このコーナーでは、知っておきたいGoogleサービスの便利ワザをピックアップ。今回はGoogle検索やGmail、マップ、カレンダーだけではない、意外と知られていないGoogleの便利機能を紹介していきます。

 

あなたはいくつ知ってる? 無駄に楽しいGoogle隠しコマンド4選

Googleの検索欄に隠しコマンドを入力したりすると、ゲームで遊べるって知っていましたか? 息抜きにこっそり楽しんでみてください。

 

1. 「0」の襲撃から検索結果を守れ!

まずは、「Zerg Rush」と検索してみましょう。

20170306_y-koba_google (1)↑周囲から“0”が襲撃してきます

 

「0」をクリックすると倒せます。検索結果が壊されないように守りましょう!

 

2. 懐かしのあの名作がプレイできる!

続いて、「パックマン」と検索します。

20170306_y-koba_google (2)↑「パックマン」と検索すると、ゲーム画面が表示されます

 

上記画面で「クリックして再生」をクリックするとゲーム開始です。

20170306_y-koba_google (3)↑キーボードの上下左右でパックマンをコントロールしましょう

 

ルールはご存知ですよね?

 

3. マウスでコツコツ、ブロック崩し!

3つ目はブロック崩しです。「atari breakout」と検索し、「atari breakout – Google Search – G.co」をクリックします。

20170306_y-koba_google (4)↑「atari breakout – Google Search – G.co」をクリック

 

検索結果の画像がブロックとなってブロック崩しが始まります。

20170306_y-koba_google (5)↑マウスやキーボードの左右キーで板を動かせます

 

4. あの恐竜が動き出す!

ネット接続がない時も、「Chrome」ならゲームで遊べます! 「インターネット接続がありません」と表示される画面でスペースキーを押すと、同画面の恐竜が走り出します。

20170306_y-koba_google (6)↑恐竜が出てきたらスペースを押す

 

障害物のサボテンをジャンプで飛び越えていきましょう

20170306_y-koba_google (7)↑スペースを押すと恐竜がジャンプする。サボテンを飛び越えて進もう

 

くれぐれも、仕事中に熱中しすぎて上司にばれないよう、お気を付けください。

 

いまバズってるネタを一発検索! 「Googleトレンド」ならどこの県で話題になったかも一目瞭然

Googleで検索されているキーワードのランキングを調べられるサービス「Googleトレンド」をご存じでしょうか? 同サービスを活用すれば、いま話題のトレンドを簡単に調べることができます。

 

■Googleトレンドを起動してみよう!

↑「Googleトレンド」をクリックします↑「Googleトレンド」をクリックします

 

↑よく検索されているキーワードが表示されます↑よく検索されているキーワードが表示されます

 

まずは、「Googleトレンド」と検索し、同サービスのリンクをクリックしましょう。すると、その時点で検索数の多いキーワード(テーマ)がランキング順に表示されます。詳細を知りたい場合には、キーワードの欄をクリックしましょう。

↑詳細を開くと、折れ線グラフで話題になったタイミングがおおまかにわかります↑詳細を開くと、折れ線グラフで話題になったタイミングがおおまかにわかります

 

■どこの地域の人が一番興味をもっているのかわかる!

↑詳細ページにある「小区域別のインタレスト」で、右上の箇条書きのアイコンをクリック↑詳細ページにある「小区域別のインタレスト」で、右上の箇条書きのアイコンをクリック

 

さらに検索したトレンドの詳細なデータを知ることも可能です。例えば「どこの地域の人がこのテーマを調べているのか?」ということを調べてみましょう。ただし、詳細の検索数は非公開となっています。

↑検索数に基づいて、このテーマに興味があるとされる県のランキングが表示されました↑検索数に基づいて、このテーマに興味があるとされる県のランキングが表示されました

 

とはいえ、相対的な割合がわかるので面白いですよ。ちなみに同テーマにもっとも興味がなかったのは広島県でした(執筆時のGoogleトレンドのデータより)。気になった流行語や話題のニュースなどがあれば、ぜひ調べてみてください。

 

英語が苦手な人に朗報! 翻訳も単語の発音は「Google翻訳」におまかせ!!

街中で英語が読めずに苦労した経験はありませんか? そんなとき、手元に電子辞書がなくても「Google翻訳」を利用することで、英語の意味や発音が調べられます。海外旅行などにも役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

 

■わからない単語を素早く翻訳するには?

↑Googleの検索欄に「翻訳」と入力すると、翻訳機能が利用可能に↑Googleの検索欄に「翻訳」と入力すると、翻訳機能が利用可能に

 

↑左側のBOXに単語を入力すると、右側のBOXに訳が表示されます

 

Googleの検索欄に「翻訳」と入力すると、画面の上部に2つのボックスが表示されます。あとは調べたい単語を入力するだけで、簡単に和訳が可能。なお、こちらの機能では英語と日本語以外の言語に設定することもできます。

 

■翻訳機能をじっくり使うには?

↑「Google翻訳」をクリック↑「Google翻訳」をクリック

 

↑表示される画面では、より高度な機能を利用できる↑表示される画面では、より高度な機能を利用できる

 

検索結果に表示される「Google翻訳」のページを起動すると、大画面表示に。何度も翻訳機能を利用する場合は、ここを開いて画面を大きくして使いましょう。

 

■読めない単語の発音を調べることも可能!

↑入力側を「日本語」、翻訳側の言語を「中国語(簡体)」に設定し、検索。スピーカーアイコンをクリックすると、音声で発音してくれる↑入力側を「日本語」、翻訳側の言語を「中国語(簡体)」に設定し、検索。スピーカーアイコンをクリックすると、音声で発音してくれる

 

外国語の発音がわからないという場面もありますよね。そんなときには翻訳された単語の発音を音で聴いてみましょう。

 

Googleはただの検索エンジンではなく、こうしたあまり知られていない機能が多数搭載されています。困ったとき、まずはGoogleを頼ってみる、というのもあながち間違いではなさそうです。

【関連記事】
Appleも開発中とのウワサーー音声対話型のIoTデバイス「スマートスピーカー」に注目
【iPhone】せっかく使うならとことん利用すべし! 「Apple Music」活用テク3選
これから紙とペンは不要! 海外メディアが大絶賛している「最新の書き起こしツール」があれば生活が激変しそう
まずはお試しあれ! iPhoneで手軽にできる超ユニークな画像加工テク3選【iPhoneでAdobe】
「いま、自分がどんな状態なのか」知りたくない? カラダを「見える化」する最新ボディケアグッズ5選

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです