メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SNS

LINEなど露当局が使用禁止 ネット監視強化で

無料通信アプリ「LINE」

ロシア在住の日本人社会で当惑も

 【モスクワ杉尾直哉】日本で人気の無料通信アプリ「LINE」(ライン)などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)がロシアで使用できない状態となっている。タス通信によると、露連邦通信情報技術監督庁が2日に国内での使用を禁止したため。LINEはロシア在住の日本人の間でも日常的な通信手段として人気があり、邦人社会の間で当惑が広がっている。

 タス通信によると、禁止されたのは、韓国企業が手がけたLINEのほか、カナダ企業の「ブラックベリー・メッセンジャー」、中国語圏で人気の「微信(ウィーチャット)」など。ロシア通信によると、ウィーチャットを開発した中国企業、騰訊(テンセント)は5日、「深い懸念」を表明した。

 ロシアは近年、「テロ対策」を理由にネット監視を強化してきた。国内・外国企業を問わず、通信業者はロシア国内にサーバーを置き、当局の求めに応じて個人の通信データを提出することが義務づけられた。タス通信によると、LINEなどはこれに違反し、露当局に情報を提出しなかったため禁止処分となったという。露当局は、ほかに通信サービスの「グーグル・プレイ」やiTunes(アイチューンズ)にも「禁止」を警告しているという。

 この時期にLINEなどを禁じたのは、4月に北西部サンクトペテルブルクで地下鉄爆破事件が起きたことや、3月末から反政府デモが各地で相次いでいることが関係している可能性がある。ロシアの若者らは、SNSで連絡し合って最近の反政府デモに参加してきた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです