もうあかんやめます

昨年閉店の名物靴店 来月復活 大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「靴のオットー」を期間限定で再開する司法書士の小山秀司さん。事務所には靴が並び、自作の紙製の店舗が置かれていた=大阪市北区で2017年5月2日、貝塚太一撮影
「靴のオットー」を期間限定で再開する司法書士の小山秀司さん。事務所には靴が並び、自作の紙製の店舗が置かれていた=大阪市北区で2017年5月2日、貝塚太一撮影

西天満「靴のオットー」6月5~8日イベント用スペースで

 「もうあかん やめます!」の個性的な売り文句で知られ、昨年2月に惜しまれつつ閉店した大阪市北区西天満の名物靴店「靴のオットー」。雰囲気を受け継ぐ店が来月、大阪・天神橋筋商店街に期間限定で復活し、身長を高く見せるかつての看板商品「シークレットシューズ」などを取り扱う。運営する同区の司法書士、小山秀司さん(66)は「皆さんに愛された店を再現したい」と意気込む。

 オットーは約40年間、シークレットシューズを中心に販売してきた。バブル経済の崩壊後、売り上げは落ちたものの、店主の竹部浅夫さん(75)が口癖にしていた「もうあかん」を垂れ幕にして掲げ、長年「閉店セール」を続ける奇抜さで知られた。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集