世界遺産登録勧告

三宮で一つなのに…4件除外戸惑う地元

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宗像大社沖津宮=福岡県宗像市の沖ノ島で2016年9月30日、須賀川理撮影
宗像大社沖津宮=福岡県宗像市の沖ノ島で2016年9月30日、須賀川理撮影

福岡・宗像「沖ノ島」世界文化遺産へ

 約8万点の出土品がすべて国宝に指定され、「海の正倉院」とも称される福岡県宗像市の沖ノ島(宗像大社沖津宮)が世界文化遺産に登録される見通しとなった。地元は観光面での波及効果に期待する一方で、九州本土にある辺津(へつ)宮など宗像大社全体での登録を目指していただけに「残念だ」という声も聞かれた。

 「沖ノ島だけという勧告が出たのは残念。(沖津宮、中津宮、辺津宮の)三宮で宗像大社という事実を県や市の担当者とも話し合って、文化庁に伝えていきたい」。宗像大社の権祢宜(ごんねぎ)、黒神直豊さん(25)は6日朝、取材に答えた。その上で、富士山が世界文化遺産に登録された時に三保松原が復活したことに言及し「そこまで悲観はしていない。きっと分かってもらえるはず。どういうふうにアピールしていくか考えなくては…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1051文字)

あわせて読みたい

注目の特集