生活保護者

調剤薬局を1カ所に限定へ 厚労省検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省
厚生労働省

 厚生労働省は、生活保護受給者が利用する調剤薬局を1カ所に限定する検討に入った。複数の医療機関にかかって同じ薬を重複して受け取るのを防ぎ、生活保護費を節減するのが狙い。受給者は決められた薬局でしか薬を受け取れなくなる。受給者数が全国最多の大阪市などで6月にも試行し、効果や課題を検証する。

 病院で処方箋を受け取った患者は、病院近くの薬局で薬を受け取ることが多いため、複数の医療機関を受診すると、通う薬局も増える。向精神薬…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集