メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

フランス大統領選=増田寛也・元総務相

増田寛也・元総務相=徳野仁子撮影

 4月下旬に1週間ほどパリに滞在した。非常事態宣言下で大統領選挙のさなか、しかも、到着した晩にシャンゼリゼ通りで警察官銃撃事件が発生したばかりとあって、街中で警察官や機関銃を備えた軍隊の姿が目立った。

 大統領選の様子を見ようと、1回目の投票日にサンジェルマンデプレ地区の投票所に出かけた。入り口の脇に、日本よりかなり大ぶりの全候補者のポスターが掲示してあった。どれも落書きがひどく、特に反・欧州連合(EU)、反移民を旗印に極右勢力を率いるルペン氏のポスターにはここでも大きなバツ印がつけられていた。というのは、それまでに市内の他の場所で見たポスターがどれも同じ状態だったからで、彼女に対する警戒心や反発の強さとともに、国民の分断や亀裂の深刻さが見てとれた。

 選挙の体験がある筆者は投票方法に興味があった。地元の人に聞くと、まず各候補の名前が書かれた紙を1枚ずつ取り、カーテンで区切られた場所で意中の候補の紙を封筒に入れて投票するとのこと。名前を書くよりも間違える人は少ないとのことであった。1回目の投票の候補者は11人だった。過半数を得た候補者がいない場合に上位2者による決選投票を実施する方式を採用しているのは、民意を2度問うことにより危険な候補者の当選…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです