メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

東京五輪 上野由岐子の挑戦(その2止) ソフトに恩返しを

日本代表合宿中、笑顔を見せる上野由岐子投手=千葉県鴨川市で2017年3月12日、竹内紀臣撮影

 

 ◆目標を取り戻したベテラン

 ソフトボール日本代表が2008年の北京五輪で金メダルを獲得し、しばらく後のことだった。

 群馬県高崎市。人けのなくなった所属チームのグラウンドで、日本の大黒柱として活躍した上野由岐子投手(34)は、当時チームを率いていた宇津木麗華・現日本代表監督(53)に尋ねた。

 「このままだと、みんなに迷惑をかけます。目標がない人がソフトボールをやっていいんですか?」

この記事は有料記事です。

残り3918文字(全文4112文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです