メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『放送法と権力』 著者・山田健太

山田健太さん

 ◆山田健太(やまだ・けんた)さん

 (田畑書店・2484円)

巧妙に 剥ぎ取られる「自由」

 出版を「急がなければ」と、強く思ったという。高市早苗総務相が昨年2月、政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した放送局に、電波停止を命じる可能性について国会で言及。これを機に、番組の編集にあたって「政治的に公平である」「報道は事実をまげない」--などと定めた放送法第4条の存在が、世間の耳目を集めた。高市発言に反発する声の一方、受け手に与える影響力を根拠に「放送は一定の規制を受けて当然」と擁護する声も少なくないと感じた。「巧妙にそして着実に『放送の自由』は剥ぎ取られつつある」。専修大で言論法、ジャーナリズム論を教える専門家は、著書の冒頭で危機感をあらわにする。

 専門誌などに発表してきた論考を編集した。特定秘密保護法や安全保障関連法を巡る報道、自民党による選挙…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文940文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]