メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『放送法と権力』 著者・山田健太

山田健太さん

 ◆山田健太(やまだ・けんた)さん

 (田畑書店・2484円)

巧妙に 剥ぎ取られる「自由」

 出版を「急がなければ」と、強く思ったという。高市早苗総務相が昨年2月、政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した放送局に、電波停止を命じる可能性について国会で言及。これを機に、番組の編集にあたって「政治的に公平である」「報道は事実をまげない」--などと定めた放送法第4条の存在が、世間の耳目を集めた。高市発言に反発する声の一方、受け手に与える影響力を根拠に「放送は一定の規制を受けて当然」と擁護する声も少なくないと感じた。「巧妙にそして着実に『放送の自由』は剥ぎ取られつつある」。専修大で言論法、ジャーナリズム論を教える専門家は、著書の冒頭で危機感をあらわにする。

 専門誌などに発表してきた論考を編集した。特定秘密保護法や安全保障関連法を巡る報道、自民党による選挙…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文940文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです