郡上八幡駅

生まれ変わる 昭和レトロの雰囲気残し 岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
生まれ変わった長良川鉄道の郡上八幡駅=郡上市八幡町で
生まれ変わった長良川鉄道の郡上八幡駅=郡上市八幡町で

 昭和初期の開業で、老朽化のため岐阜県郡上市が進めてきた第三セクター長良川鉄道の郡上八幡駅(同市八幡町)の改修が完了した。

 郡上八幡駅は1929(昭和4)年に国鉄越美南線の駅舎として建造。86年に長良川鉄道に移管したが、開業当初の姿を残していることから2015年に国登録有形文化財になった。

 駅舎は過去にも屋根や窓などを部分的に修繕してきたが、長良川鉄道が昨年春に観光列車…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集