大相撲

稀勢の里横綱昇進パーティー 夏場所出場に意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パーティーでは4横綱(左から白鵬、稀勢の里、鶴竜、日馬富士)がそろって鏡割りを行った=東京都港区で2017年5月6日午後4時45分ごろ、飯山太郎撮影
パーティーでは4横綱(左から白鵬、稀勢の里、鶴竜、日馬富士)がそろって鏡割りを行った=東京都港区で2017年5月6日午後4時45分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)の昇進パーティーが6日、東京都内のホテルで開かれた。白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱ら角界関係者を中心に約1500人が出席。19年ぶりの日本出身横綱の誕生を祝った。パーティーでは、人気漫画「北斗の拳」の三つぞろいの化粧まわしも披露された。

 初場所で初優勝して横綱に昇進し、新横綱だった春場所で2連覇を飾った稀勢の里は「横綱の名を汚さぬよう精進したい」とあいさつ。春場所中に左腕など…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集