仏大統領選

ルペン氏が敗北宣言「国民は継続性を選んだ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】フランス大統領の決選投票に進んだ極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)は7日夜(日本時間8日未明)、支持者を前にして「国民は政治の継続性を選んだ」と語り、敗北を宣言した。勝利を確実にした中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)をたたえた。

 ルペン氏は自らの選挙結果について「歴史…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集