メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしエコノ総研

学資保険加入率が示す今後10年の大学資金「冬の時代」

教育費負担は子の大学進学で重くなる

 子の大学費用を準備するために広く活用されてきた学資保険。向こう約10年は新契約数が下がり続けた「学資保険離れ」期に生まれた世代が大学入学を迎えることになる。高額な大学費用が家計にのしかかるなか、今後はさらに準備が十分でない家庭が増えることも予想される。【渡辺精一】

のしかかる大学費用

 子の教育資金を考える場合、最大のポイントは大学費用だ。日本学生支援機構「学生生活調査」によると、私立大の場合、学生生活費は自宅通学で年平均約137万円、下宿では同約239万円。自宅通学は学費や通学費など、下宿は住居や食費、娯楽費なども含んだ数字だ。

 これを前提に、総務省「家計調査」からみた標準的世帯で、子2人が私立大に進学するケースを考えよう。高…

この記事は有料記事です。

残り2609文字(全文2926文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです