メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ドイツ・オペラの華麗なる牙城~ミュンヘン・バイエルン州立歌劇場

バイエルン州立歌劇場の外観

 ミュンヘンは、空が高いと感じる街である。

 とりわけ、天気が変わりやすく、今晴れたと思ったら雲がたれこめ、日が差したと思ったら雨がぱらつくドイツの北のほうから来ると、その空の高さが心地いい。比較的晴れた日が多く、南のほうにアルプスの山々が望める日も少なくないミュンヘンは、北のほうにはない開放感のある街だ。富裕層が多く住む街でもあり、おしゃれな店やおいしいレストランにも事欠かない(その代わり物価は高いが……)。美術好きには、バイエルン王家のコレクションを満喫できる「アルテ・ピナコテーク」「ノイエ・ピナコテーク」をはじめ、美術ファン垂涎(すいぜん)の美術館が堪能できる街でもある。

 バイエルン州立歌劇場(ナツィオナルテアター)は、そんなミュンヘンのど真ん中、市庁舎広場のすぐそばに…

この記事は有料記事です。

残り4178文字(全文4520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです