メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 本村凌二さん

 ■教養としての「世界史」の読み方 本村凌二(もとむら・りょうじ)さん PHP研究所・1944円

重大な転機の「同時性」

 古代ローマ史を専門とし「教養」を冠する学部で30年余にわたり教べんを執る歴史家が、狭義の専門分野を超えて練り上げた世界史という大海原の解読書だ。

 「専門外には触れない学者も多いのですが、歴史学専攻でない学部生に現代と関連づけて講義してきたことが習い性になって」と笑う。しかし、どの議論も刺激的な示唆に満ちている。

 「同時性」もその一つ。「世界史を見渡すと、同時期に離れた場所で同じようなことが起きています。例えば…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文938文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです