メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 本村凌二さん

 ■教養としての「世界史」の読み方 本村凌二(もとむら・りょうじ)さん PHP研究所・1944円

重大な転機の「同時性」

 古代ローマ史を専門とし「教養」を冠する学部で30年余にわたり教べんを執る歴史家が、狭義の専門分野を超えて練り上げた世界史という大海原の解読書だ。

 「専門外には触れない学者も多いのですが、歴史学専攻でない学部生に現代と関連づけて講義してきたことが習い性になって」と笑う。しかし、どの議論も刺激的な示唆に満ちている。

 「同時性」もその一つ。「世界史を見渡すと、同時期に離れた場所で同じようなことが起きています。例えば…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文938文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]