メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超
六華苑

韓国から熱視線 映画ロケ地で魅力発信 桑名 /三重

 山林王と呼ばれた桑名の実業家、2代目諸戸(もろと)清六の邸宅で、国の重要文化財に指定されている「六華苑」(桑名市桑名)が、韓国の映画やドラマのロケ地として注目されている。一昨年6月に映画「お嬢さん」、昨年10月にドラマ「不夜城」と立て続けに撮影が行われた。市や市観光協会などで構成し、誘致活動に取り組む桑名フィルムコミッションの竹村二三枝さんは「母国で映画を見た後、六華苑を訪れる韓国の映画ファンもいます」と反響を喜んでいる。【松本宣良】

 六華苑は、鹿鳴館の設計者として知られる英国人建築家のジョサイア・コンドルが手がけた洋館のほか、和館や庭園などで構成する明治・大正期を代表する建造物で、和・洋館は1997年に国の重要文化財に指定された。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです