安倍首相

改憲発言 自民内論議と「矛盾」 反発想定、民進分断狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相が憲法9条改正と2020年の施行を目指す考えを表明したことに与野党内に波紋が広がっている。自民党内では党内論議との整合性などに懸念の声があがり、公明党も困惑している。首相の表明には改憲を巡って意見が分かれる民進党を分断する狙いもにじむ。【水脇友輔、樋口淳也、念佛明奈】

 首相は8日の自民党役員会で、憲法改正について「立党以来の党是であり、歴代の総裁、すべての党員の悲願」と述べ、改めて強い意欲を示した。

 しかし、党内にも異論がある。首相の提案は9条1、2項を維持したまま、自衛隊について書き込むというもの。自民党の9条改憲論は、戦力不保持を定めた2項を変えることを中心に進んできた。12年の党憲法改正草案では不保持の規定をなくし、自衛隊を国防軍と位置付けた。このため、自民党内にもこれまでの議論を踏まえない唐突な発言という受け止めがある。石破茂元幹事長は3日のフジテレビの番組で戦力不保持と自衛隊の規定…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1628文字)

あわせて読みたい

注目の特集