メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

山口祐之さん=黒鷲旗バレーボール大会女子で優勝したデンソー監督

山口祐之さん

 今季Vリーグで下部のチャレンジリーグだったチームを頂点に導いた。優勝直後、涙を流して喜び合う選手たちを横目に始まった場内インタビュー。「全く私のインタビューは聞いてもらっていないですけど……」とぼやいて観客の笑いを誘ったが、選手に向けたまなざしは温かかった。

 現役時代は司令塔のセッターで、1995年から10年間、新日鉄(現在の堺)で活躍。現役を退き、2007年からデンソーで指導者になったが、当初は自らのプレーの感覚や経験をどう教えたらいいか悩んだ。

 11年に女子日本代表サーブ担当コーチになったのが転機になった。当時の真鍋政義監督(53)は選手とのコミュニケーションを重視し、翌年のロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルをもたらした。「世界を知り、バレー観が変わった」と同時に、「女性の選手は男の指導者に寄ってこない。自分で入り込まなければ」と対話の重要性を痛感した。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです