メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 志願者10万人超え6大学 今春入試 有名私大「バブル」、軒並み増加

志願者数日本一の近大入学式で披露されたパフォーマンス。派手な演出で知られている=大阪府東大阪市で2017年4月1日

 今春の入試は10万人超の志願者を集めた私立大が6大学にのぼった。また、理系人気が薄れ、文系人気が鮮明になるなど、ちょっとした異変があった。今年の入試戦線を振り返ってみた。

 今春の状況は、1月の大学入試センター試験の志願者が57万5967人と前年を1万2199人上回った。高校卒業見込み者などの志願者割合を示す現役志願率は、43.9%と過去最高に。総受験者数も54万7892人と2003年の55万5849人以来の水準となった。

 国公立大で一般入試の受験者数トップは2年連続で千葉大だった。今春は大阪大がAO・推薦入試の「世界適塾入試」を導入し後期日程を廃止した。その影響で、神戸大文学部や法学部の後期が大幅増。横浜国大は都市科学部を開設するなど学部の再編を行い人気だった。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです