糖尿病

坂道の街はリスク減、無意識に運動増 研究発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 緩やかな坂がある地域の高齢者は平らな地域に比べ、重い糖尿病になるリスクが減るという研究結果を東京医科歯科大学などのグループがまとめた。国際的な学術誌に掲載し、8日に発表した。高齢者の大規模調査プロジェクト「JAGES」(日本老年学的評価研究)の一環。

 健診データのそろった愛知県の常滑市など6市町の65歳以上の高齢者8904人を小学校の校区ごとに分け、解析。中等度以上の糖尿病患者(指標とな…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集