メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラジオ塔

原爆の惨禍も見つめ続け…今年81歳 長崎

 長崎市上西山町の長崎公園で、昭和初期に日本放送協会(NHK)が建てた「ラジオ塔」が今も現役で活躍している。早朝にラジオ体操の軽快なメロディーを響かせる。NHK放送博物館(東京都)によると現在も稼働しているのは全国で数基のみ。地元では「名物に」との声も上がる。

 「イッチ、ニ、サン、シ……」。午前6時半、長崎公園内の広場にある高さ約3.5メートルの石灯籠(どうろう)のようなラジオ塔から音楽が流れ出すと、集まった市民が体操を始めた。近くの自営業、糸山喜久雄さん(64)は「2年前からほぼ毎朝来るようになった。ここに来ないと一日が始まらない」といい、塔は大切な存在だ。

 NHK放送博物館などによると、ラジオ塔の正式名称は「公衆用聴取施設」。1925年に始まったラジオ放…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです