連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

逃げが3割 現政権のゼロ回答・一般論急増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第1次安倍政権以降の政府答弁書に占める「意味するところが必ずしも明らかではない」の文言
第1次安倍政権以降の政府答弁書に占める「意味するところが必ずしも明らかではない」の文言

質問主意書に「意味するところが不明」

 政府が国会議員の質問主意書に対して閣議決定する答弁書で、質問内容に対し「意味するところが必ずしも明らかではない」と留保する文言が急増している。2000年以降の答弁書約1万2500件を調べると、同様の言い回しがあったのは約1300件。このうち第2次安倍内閣以降が6割超の約860件を占めた。なぜこの言葉が使われるのか。

 「お尋ねの『団体・イベント等』の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えは困難である」

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文898文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集