メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

訪問のシャープ社長に「ファン」と賛辞

 経営再建中のシャープの戴正呉社長が、親会社の鴻海精密工業の郭台銘会長とともに4月末に米ホワイトハウスを訪問した際、トランプ大統領らと面会していたことが8日、分かった。戴社長が発表した従業員向けメッセージで明らかにした。シャープは米国で液晶パネルの工場建設を検討しており、今秋までに候補地を決めたい考えだ。

 郭会長と戴社長は2日間、ホワイトハウスを訪問。4月27日に米当局のスタッフと対米投資に向けて協議し、翌28日にトランプ大統領と会談した。戴社長は従業員向けメッセージの中で、トランプ大統領から「自分はシャープのファンだ。シャープ製品には大きな期待を持っている」と賛辞を贈られたことを報告した。シャープ幹部によると、会談後は六つの州の知事から工場の誘致について説明を受けたという。幹部は「できれば今年秋…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです