メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

日本近海 海洋酸性化でクジラ求愛に悪影響?

 地球温暖化で海洋酸性化が進むと、今世紀末には海中の音が今より最大4割も伝わりやすくなるとの試算を東京海洋大などのチームがまとめた。船のエンジンやスクリューの音なども伝わりやすくなるため、音を出して求愛行動するクジラへの影響が懸念される。20日から始まる日本地球惑星科学連合大会で発表する。

 海中の音は、海の酸性度が高いほど遠くに伝わる性質がある。チームは、気象庁の観測データなどを基に、2100年の酸性度を推定。日本近海の水深10メートル地点で、音がどれだけ伝わりやすくなるかを試算した。

 その結果、温暖化が最も進んだケースでは、海水の水素イオン濃度(pH)は現在の8.1から7.8に低下…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 甲府市役所で男性職員死亡 飛び降りか /山梨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです