食中毒

アニサキス 生の魚介類で猛威 10年で20倍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
食中毒の総数とアニサキス食中毒件数の推移
食中毒の総数とアニサキス食中毒件数の推移

 生の魚介類に付いている寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増している。厚生労働省の統計によると、2007年は6件だった報告件数は16年に20倍以上の124件に増え、食中毒の原因物質としてはノロウイルスとカンピロバクター菌に次いで3番目に多い。「報告は氷山の一角」との指摘もあり、専門家が注意を呼び掛けている。

 アニサキスは、幼虫(体長2~3センチ)が魚介類の内臓に寄生し、鮮度が落ちると筋肉に移動しやすい。人がそれを生で食べると、数時間後から激しい腹痛や嘔吐(おうと)などの症状が出る。原因食品はサバが最も多く、サンマやサケ、アジ、イカなどでも起こる。シメサバによる報告も目立つように、酢では予防できない。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文727文字)

あわせて読みたい

注目の特集