メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒鷲旗バレー

男子はJTが連覇 女子はデンソーがV

【JT-パナソニック】優勝し抱き合って喜ぶ越川(左から2人目)らJTの選手たち=大阪市中央体育館で2017年5月7日、猪飼健史撮影

 第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は最終日の7日、大阪市中央体育館で男女の決勝があった。プレミアリーグ勢同士の対決となった男子はJT(広島)がパナソニック(大阪)を3-2で降し、2年連続4回目の優勝を果たした。2連覇は2008~10年に3連覇したパナソニック以来。

     女子は来季に2季ぶりにプレミア復帰するチャレンジリーグのデンソー(愛知)が、初優勝を狙った今季プレミア3位の日立(茨城)を3-1で破り、9年ぶり2回目の優勝を飾った。チャレンジ勢の優勝は前々回と前回の女子のJT(大阪)に続いて3年連続。

     最高殊勲選手賞の黒鷲賞は男子が越川優(JT)、女子は石田瑞穂(デンソー)がそれぞれ初受賞。最優秀新人賞の若鷲賞に男子は井上航(JT)が選ばれ、女子は該当者がなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
    5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]