メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

映画監督・原一男さん 臆病な自分見つけた新宿

原一男 映画監督=藤原章生撮影

 原点は新宿なんです。生まれ育った風景に身を置きたいと時に思うこともあるんですが、故郷の山口県宇部市の炭住(炭鉱住宅)はもうなくて、原形は何も残ってない。でも故郷を探したいよねって思うと、やはり人生の大半を過ごしてきた都営住宅のある新宿が一番なじむんです。池袋は考えられないし、西から来たせいか、都内の北側の赤羽や十条に住んでみようって考えも出てこないですね。

 母子家庭だったんで、中学を出ると定時制高校に通いながら働き出したんですが、もたなくて。刃物屋や本屋…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1788文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]