メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

自衛隊明記のまか不思議

 戦争放棄を掲げた憲法9条の1項と2項が維持されるのなら賛成できると一瞬、思った人も多いだろう。

 憲法改正について安倍晋三首相が9条に自衛隊の存在を明記する文言を追加する考えを言い出した。

 実は私も以前、専守防衛という自衛隊の役割をより明確に限定するためなら、それも一つの案だと考えたことがあるのだ。

 でも今は違う。安倍政権は既に従来の政府の憲法解釈を大きく変え、限定的とはいえ、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障法制を成立させ、施行しているからだ。

 首相は自衛隊の明記は「自衛隊が違憲かもしれない」等々の議論が生まれる余地をなくすためだという。本当…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです