メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学座

「青べか物語」戌井の脚色で上演

 文学座アトリエの会が山本周五郎の「青べか物語」を上演する。脚色を手がけたのは、小説家として、また、主宰する「鉄割アルバトロスケット」での表現活動と多彩に活躍する戌井昭人だ。「こんな人いるなあと、今にもつながるような、ごちゃごちゃした人間を出そうと思いながら書いた」と話す。所奏(ところかなで)演出。

 漁師町の浦粕を訪れた“私”(上川路啓志)は芳爺(よしじい)さん(坂口芳貞)から「青べか」と呼ばれるボロ船を買うはめに。浦粕に住みつき、蒸気河岸の先…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです