メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

團菊祭五月大歌舞伎 勢いある荒事、彦三郎=評・小玉祥子

 七世梅幸二十三回忌、十七世羽左衛門十七回忌追善で、初代楽善、九代目彦三郎、三代目(坂東)亀蔵の襲名披露。

 昼の襲名演目は序幕の「石切梶原」。彦三郎が梶原で実力を発揮。声が通り、明るくさっそうとしている。楽善の大庭が貫禄で、亀蔵の俣野に荒若衆らしい勢い。団蔵の六郎太夫、尾上右近の梢が父娘の情を出した。松緑の呑助、菊之助の奴。

 同じく夜が序幕の「対面」。彦三郎の荒事らしい勢いのある五郎と時蔵の品位ある十郎の取り合わせが良く、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです