メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村治奏一

クラシックギター 名曲に織り込む「自分流」 大阪交響楽団と協演

 実力派奏者が次々と登場しているクラシックギター界で若手注目株の一人、村治奏一が8月4日、ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)で大阪交響楽団と協演する。曲目はタレガの「アルハンブラの思い出」(独奏)をはじめ、スペインやイタリアの名曲ぞろい。「名曲をそのまま弾くだけでは巨匠たちの演奏にかなわない。いかに自分の語り口を入れるかに難しさと楽しさがある」と話す。

 「例えばバッハは数学的に曲を書いているので、和音の種類を分析していけばどういう風に弾けばいいかは大…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1234文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです