メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

クラシックギター 名曲に織り込む「自分流」 大阪交響楽団と協演

 実力派奏者が次々と登場しているクラシックギター界で若手注目株の一人、村治奏一が8月4日、ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)で大阪交響楽団と協演する。曲目はタレガの「アルハンブラの思い出」(独奏)をはじめ、スペインやイタリアの名曲ぞろい。「名曲をそのまま弾くだけでは巨匠たちの演奏にかなわない。いかに自分の語り口を入れるかに難しさと楽しさがある」と話す。

 「例えばバッハは数学的に曲を書いているので、和音の種類を分析していけばどういう風に弾けばいいかは大…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです