メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村治奏一

クラシックギター 名曲に織り込む「自分流」 大阪交響楽団と協演

 実力派奏者が次々と登場しているクラシックギター界で若手注目株の一人、村治奏一が8月4日、ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)で大阪交響楽団と協演する。曲目はタレガの「アルハンブラの思い出」(独奏)をはじめ、スペインやイタリアの名曲ぞろい。「名曲をそのまま弾くだけでは巨匠たちの演奏にかなわない。いかに自分の語り口を入れるかに難しさと楽しさがある」と話す。

 「例えばバッハは数学的に曲を書いているので、和音の種類を分析していけばどういう風に弾けばいいかは大…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1234文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]