メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

クラシックギター 名曲に織り込む「自分流」 大阪交響楽団と協演

 実力派奏者が次々と登場しているクラシックギター界で若手注目株の一人、村治奏一が8月4日、ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)で大阪交響楽団と協演する。曲目はタレガの「アルハンブラの思い出」(独奏)をはじめ、スペインやイタリアの名曲ぞろい。「名曲をそのまま弾くだけでは巨匠たちの演奏にかなわない。いかに自分の語り口を入れるかに難しさと楽しさがある」と話す。

 「例えばバッハは数学的に曲を書いているので、和音の種類を分析していけばどういう風に弾けばいいかは大…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです