メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第1部/5 母校で講演 木部智輝さん(28) /埼玉

性の多様性を訴えるイベント「東京レインボープライド」のパレードで車を運転する木部智輝さん(手前)東京都渋谷区で2017年5月7日、鴇沢哲雄撮影

先生たちも理解深めて 「自分だからこそ」支援続ける

 黒いスーツにネクタイ姿でびしっと決めた木部智輝さん(28)は今年3月、県北にある母校の中学校を訪れた。先生たちに、性同一性障害について自身の体験を伝えるためだ。

 木部さんは女性として生まれたが「自分は男」と認識し「心と体の性が一致しない」性同一性障害。この日は小学校3年生の時、体育の授業で女子用水着を着るのがいやだったこと、学校では女子用トイレに入れず、ずっと我慢していたこと、いじめを受けたことも伝えた。当時はまだ、LGBTへの理解も薄く「誰にも相談できなかった」。そんな体験から木部さんは「当事者(の子どもたち)が相談できるように、先生たちがLGBTへの知識と理解を深めることは大切」と訴えた。

 講演後、「先生は熱心に耳を傾けてくれたけど、『聞いて終わり』ではなく、学校内でも対策を考えてほしい…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです