メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・原発避難いじめ

相談、市教委へ 直通電話を開設、迅速対応目指す /神奈川

市教委の事務局内で相談を受け付けるスクールソーシャルワーカー=横浜市中区で

 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した男子生徒がいじめにあった問題を受け、横浜市教育委員会は9日、学校を通さず市教委に直通で相談できる「学校生活あんしんダイヤル」を開設した。

 今回のいじめでは、保護者が学校に相談したにもかかわらず、教員が問題を放置したため、約1年半調査などが遅れた経緯がある。

 市教委は、学校が対応に乗り出さないケースを想定し、市教委事務局内にあんしんダイヤルを設置した。いじめ問題などに福祉の専門家として関わる「スクールソーシャルワーカー」(SSW)が相談に応じる。緊急度によって、担当のSSWとの面談や、市教委の学校調査など迅速な対応を目指す。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです