メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キョウト・スコープ

難聴者の「聞こえ」手助け、ヒアリングループ 会議室やホールで補聴器の雑音排除 /京都

京都市では卓上型のヒアリングループも導入されている。区役所の窓口などに置き、簡単に利用できる=京都市障害保健福祉推進室で、榊原雅晴撮影

 <kyoto-scope>

“おもてなし”京都で普及を

 難聴者の「聞こえ」を手助けするヒアリングループ(磁気誘導ループ)をご存じだろうか。会議室やコンサートホールなどに設置すると、補聴器で雑音のほとんどないクリアな音が聞こえる。京都市が昨年、11の区役所すべてに導入したほか、京都コンサートホールやロームシアター京都などでも既に設置済み。だが古くから市民生活に浸透している欧米などと比べると、日本ではまだまだ認知度が低く、普及のネックになっている。難聴者団体は「ヒアリングループが広まれば町を歩きやすくなる。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、“おもてなし”をうたう京都でこそ率先して認知度アップを」と訴えている。【榊原雅晴】

 劇場や会議室、駅など周りが騒がしい場所で補聴器を使うと雑音まで増幅され、肝心の音声が聞き取れない。…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです