メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/2 三宅島(東京都三宅村) 固有種がすむ火山の島

木漏れ日の中で羽を休めるアカコッコ=フリーカメラマンの尾上和久さん撮影

 三宅島は、東京都心から南へ約180キロ離れた伊豆諸島南部にある火山島です。周囲に黒潮が流れる冬でも温暖な島で、約2600人が暮らしています。野鳥の生息密度が高く、アカコッコなど日本固有の野鳥が見られることから、“バードアイランド”とも呼ばれています。

 春、早朝に東京からの定期船が港に着くと、辺りはたくさんの野鳥のさえずりに包まれています。森に向かうと、まず出合えるのはツグミの仲間のアカコッコ。本州に夏鳥として訪れるアカハラに似ていますが、羽色が濃く、世界中で伊豆諸島とトカラ列島(鹿児島県)だけにすむ野鳥です。森のあちこちから、ウグイスの仲間のイイジマムシクイやシチトウメジロのさえずりが聞こえてきます。「ツン、ツン、ビー」と聞こえるのん…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです