トランプ米大統領

FBI長官を解任 司法省勧告受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した。トランプ氏はコミー氏本人に宛てた解任通知の書簡で「司法省の解任勧告を受け入れた」と説明。書簡に添付された司法省の勧告は、昨年の大統領選で民主党候補だったクリントン元国務長官の私用メール問題の捜査で、コミー氏が昨年7月に訴追に相当しないと発表したことなどを「誤り」と批判している。

 コミー氏は、ロシアのサイバー攻撃を巡るトランプ陣営とロシア政府の接触についても捜査を進めていた。このため、米メディアはコミー氏の解任を、1973年にウォーターゲート事件の渦中にあったニクソン大統領(当時)が捜査を指揮する特別検察官を解任して権力乱用を批判された件になぞらえ、「『土曜夜の虐殺』に匹敵する」(ニューヨーク・タイムズ紙)と一斉に報じている。今後この問題を巡って、メディアのトランプ氏批判…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集