メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京レインボープライド

「誰を好きでもええやん」に共感

終始笑顔でパレードを歩いた鈴木南十星さん(中央右)=2017年5月7日、中嶋真希撮影

 2012年から行われている「東京レインボープライド」のパレード。虹色の旗を振りながら、東京・渋谷を練り歩くこのイベントは、年々規模が大きくなり、今年も過去最多を更新した。第1回から毎年参加している大学生と一緒に歩き、この6回で、パレードがどう変化してきたかを聞いた。【中嶋真希】

 東京レインボープライドは、性の多様性を訴え、性別や国籍など関係なく誰もが共に楽しめるイベントだ。今年も4月29日から開かれ、最終日の5月7日、代々木公園周辺でパレードが行われた。全部で23の山車(フロート)があり、「同性婚法制化」「まぜこぜの社会に」などそれぞれテーマが決まっている。記者は、中央大学のサークル「mimosa(ミモザ)」に同行。メンバーはJ-POPのヒット曲を流しながら歩くNPO法人にじいろ学校のフロートを選んだ。

 ミモザは、同大4年の鈴木南十星(なとせ)さん(21)が14年11月に設立したサークルで、映画上映会…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1634文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです