メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝くじ

ドリームジャンボ発売 大阪では宝塚歌劇団がバラ

「ドリームジャンボ宝くじ」の発売記念イベントに参加した(左から)宝塚歌劇団花組の華優希さん、飛龍つかささん、タレントのゆりやんレトリィバァさん、「幸運の女神」の栗原有紗さん=大阪市北区で2017年5月10日午前8時35分、川平愛撮影

 1等と前後賞を合わせて7億円が当たる「ドリームジャンボ宝くじ」の販売が10日、全国で始まった。6月2日まで販売され、抽選は同8日、東京都千代田区の東京宝塚劇場で行われる。

 当選本数は、1等5億円が17本、前後賞1億円が34本、2等1000万円が170本など。1等が1億円の「ドリームジャンボミニ1億円」も同時に発売された。

 大阪市北区の大阪駅前第4ビルの特設売り場では、宝塚歌劇団花組の飛龍つかささんと華優希さんが購入者にバラを手渡して初日を盛り上げた。

 宝塚ファンという神戸市の花崎文代さん(68)は「初めて宝くじを買いました」と笑顔を見せていた。【山本夏美代】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
  4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
  5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]