メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手商社

三菱商事首位奪還 伊藤忠など大幅増益 3月期

主要5商社の連結最終(当期)利益

 大手商社主要5社の2017年3月期連結決算が9日、出そろった。鉄鉱石など資源価格の持ち直しや食品流通など非資源ビジネスが堅調だったことを背景に、伊藤忠商事など3社の最終(当期)損益が大幅な増益となったほか、三菱商事と三井物産は最終黒字に転換した。資源分野の収益が比較的大きい三菱商事の最終利益は4402億円となり、伊藤忠(3522億円)を上回り、業界首位を奪い返した。

 三菱商事は今年2月に子会社化したコンビニエンスストア「ローソン」の貢献や、豪州の石炭事業の収益改善などが収益を大きく押し上げた。最終損益は資源価格下落に伴う減損で巨額赤字(1493億円)を計上した16年3月期から反転。4000億円を超す最終黒字を確保し、業績をV字回復させた。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです