メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

米WDに警告の書簡 他社売却「妨害行為」と反論 

 東芝が、米原発関連の巨額損失を穴埋めするための半導体メモリー事業の売却先選定を巡り、生産で協業する米ウエスタン・デジタル(WD)に「反論」の書簡を送っていたことが9日分かった。WDは三重県四日市市の工場で東芝と半導体メモリーを共同生産しており、他社への売却に異議を申し立てていた。東芝は書簡で売却する権利があると反論しWDに「妨害行為」をやめるよう求めた。

 一方、来日中のWDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が、10日に経済産業省や東芝の幹部と会うことも判明。ミリガンCEOは半導体メモリー事業買収によって事業の主導権を求めるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです