メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

西暦1015年ごろ、2カ所で同時期に噴火か

噴火当時の地磁気が記録されている富士山麓の溶岩=馬場章研究員提供

溶岩に残る古い磁気から年代測定で分かる

 山梨県富士山科学研究所が富士山の噴火で流れ出た溶岩に残る古い磁気(古地磁気)から年代を測定したところ、平安時代の西暦1015年ごろ、山腹の南側と北側の少なくとも2カ所で同時期に噴火していた可能性があることが分かった。磁気を用いた火山研究の歴史は浅いが、進展により同時多発的な噴火の実態が明確になってくれば、単一噴火を前提にした現状の防災計画のあり方に一石を投じそうだ。

 これまでの各種の研究によって、富士山は過去2200年で42回噴火したことが分かっている。数十年間隔…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです