名古屋城

天守閣の木造復元事業で基本協定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名古屋城天守閣の木造復元事業の基本協定書に署名し、竹中工務店の岡田正徳副社長(右)と握手する河村たかし名古屋市長=名古屋市中区の名古屋城本丸御殿で2017年5月9日午後5時15分、木葉健二撮影
名古屋城天守閣の木造復元事業の基本協定書に署名し、竹中工務店の岡田正徳副社長(右)と握手する河村たかし名古屋市長=名古屋市中区の名古屋城本丸御殿で2017年5月9日午後5時15分、木葉健二撮影

名古屋市が事業者の竹中工務店と締結

 名古屋市は9日、名古屋城天守閣の木造復元事業で、事業者の竹中工務店と基本協定を締結した。戦後に鉄筋コンクリートで再建された天守閣の木造復元は全国初。総事業費は最大504億円で、2022年12月の完成を目指す。

 市の計画によると、石垣の調査を経て19年9月に現天守閣…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

ニュース特集