メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

片岡仁左衛門 なりきりつつ、客観的に 六月大歌舞伎で御所五郎蔵

=竹内紀臣撮影

 男伊達(おとこだて)が主人公の「御所五郎蔵」を東京・歌舞伎座の「六月大歌舞伎」で演じる。2007年11月の歌舞伎座以来だ。

  ■  ■

 河竹黙阿弥作で、設定は京都の五條坂仲之町ではあるが、風景は歌舞伎ではおなじみの吉原仲之町そのものだ。

 仁左衛門の五郎蔵初演は1987年3月の歌舞伎座。五郎蔵はすっきりとしたいい男で、打ってつけの役であったが、生粋の江戸狂言は、上方歌舞伎の名門に生まれた身には「冒険でした」と振り返る。

 83年3月には歌舞伎座で「助六」を初演している。偏ることなく、上方と江戸の両方の演目の役を演じる自…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです