メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

片岡仁左衛門 なりきりつつ、客観的に 六月大歌舞伎で御所五郎蔵

=竹内紀臣撮影

 男伊達(おとこだて)が主人公の「御所五郎蔵」を東京・歌舞伎座の「六月大歌舞伎」で演じる。2007年11月の歌舞伎座以来だ。

  ■  ■

 河竹黙阿弥作で、設定は京都の五條坂仲之町ではあるが、風景は歌舞伎ではおなじみの吉原仲之町そのものだ。

 仁左衛門の五郎蔵初演は1987年3月の歌舞伎座。五郎蔵はすっきりとしたいい男で、打ってつけの役であったが、生粋の江戸狂言は、上方歌舞伎の名門に生まれた身には「冒険でした」と振り返る。

 83年3月には歌舞伎座で「助六」を初演している。偏ることなく、上方と江戸の両方の演目の役を演じる自…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです