メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉・熊谷市

「あついぞ!」やめます 猛暑PRから転換 「定住促進にマイナス」 大温度計の文言も今季限り

「あついぞ! 熊谷」のフレーズが今年で消えることになった大温度計=埼玉県熊谷市で2017年5月11日午前10時12分、宮武祐希撮影

 全国有数の暑い街として知られる埼玉県熊谷市で、夏の風物詩となった大温度計が11日、市内の百貨店「八木橋」前に設置された。しかし、「あついぞ! 熊谷」のフレーズは今季限りで見納めに。市は2005年から「あついぞ!」のフレーズでPRしてきたが、最近は「定住促進にマイナス」などの懸念が寄せられるようになり、市が「暑さ」から「暑さ対策」にPRの重点を移したため。

 熊谷市は、暑さを楽しみながら官民一体で地域を活性化する事業「あついぞ! 熊谷」を05年からスタート。シンボルキャラクター「あつべえ」をあしらったTシャツを販売したり、学校や公共施設の緑化事業に取り組んだりしてきた。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 阪神が接戦制し2連勝 糸井の適時打で追いつき勝ち越し

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです