メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇企画

「break a leg」 各地の注目劇団が次々登場 兵庫・伊丹のアイホールで今月末から

「break a leg」参加劇団の劇作家・演出家。左から広田淳一、島原夏海、中條岳青、鹿目由紀=畑津江撮影

 次世代の表現者を応援する、兵庫県伊丹市のアイホールの演劇企画「break a leg(ブレイク ア レグ)」が今月末から始まる。東京・大阪・名古屋の注目劇団が次々に登場する。

 break a leg(足を折れ)は舞台に出る人に掛ける英語のフレーズで、「成功を祈る」の意。2012年度から毎年、参加劇団を全国公募している。今回は12団体から3団体が選ばれた。

 26~28日は東京の劇団「アマヤドリ」。01年に東京大の学生劇団を母体に結成された「ひょっとこ乱舞…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです