メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
宮崎市議会

骨抜き議長選 「改革に逆行」批判も 届け出ない議員選出、立候補の2人落選

 宮崎市議会(定数40)で、議長選に立候補していない議員が新議長に選ばれた。投票結果は有効だが、識者らから「選考過程が不透明で議会改革に逆行し、市民に理解されない」と批判が出ている。

 議長選には無所属の鈴木一成氏(40)と共産の後藤泰樹氏(59)が立候補し、9日の投票前にそれぞれ全員協議会室で所信表明演説をした。しかし議場での投票の結果、立候補していない無所属の一ノ瀬良尚氏(71)が鈴木氏と同数の18票を集め、最終的にくじ引きで議長に選出された。

 宮崎市議会は2015年に議会改革の一環として、議長選では候補は事前に届け出て、所信表明演説をするこ…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文736文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです